FX/仮想通貨トレード 体験型ワークショップ 開催!

東進トレーディングゼミナール(通称トレゼミ)

『永続的に勝てるトレーダー』になるための体験型ワークショップ

 

実際に使えるトレードルールや検証方法を学び、

お金(おもちゃ)を使いながら資金の増減を体感。

 

<ワークショップで学ぶ3つのこと>

1.確かなトレードルールを学びます。

2.トレードルールの検証方法を学びます。

3.最適なポジション量の考え方を学びます。

 

ワークショップで学ぶ内容

パーフェクトオーダー2013(二マルイチサン)を用いた検証シミュレーション

 

SMAとEMA(20と13)とピンバーとの位置関係でフィルターをかけ、エントリーを絞ることによって、

勝率を高めたトレードルールです。

 

ピンバーとは?

ピンバーとは片側だけにヒゲの長いローソク足のことです。エントリーや決済の基準として使用します。

様々な指標と組み合わせて(フィルターをかけて)使います。

今回のワークショップでは20SMAと13EMAと組み合わせて使用します。

 

※ワークショップではヒゲが実体に対して2倍以上としていますが、3倍以上でもOKです。

そのルールが実際に通用するのかどうかを検証することが大切です。

ワークショップでは検証方法も学びます。

 

まずはこのピンバーをチャートの中から探します。

 

もちろん、「これからトレードを始める方」の場合は何のことかサッパリわからないかもしれませんが、

ワークショップでは具体的に学習していきますので、誰でもわかるようになります。

 

エントリーのルール
※買いポジションを例に

                           エントリー
        → ピンバーの高値ブレイク

 

       エントリーキャンセル
   → ピンバーの安値ブレイク

 

決済のルール
※買いポジションを例に

 

         利益確定
→ ピンバー全体の長さ分の利益が乗るポイント

 

 

         ロスカット
   → ピンバーの安値ブレイク

 

ピンバーは値動きが反転する際のシグナルなので、大きな利益を狙うチャンスでもあります。

エントリーと決済のルール、そしてキャンセルのルールを学ぶだけなのでシンプルに

実際のトレードで活かすことができます。

 

 

ピンバーの解説動画

ワークショップではこのトレードルールを講師がわかりやすく、丁寧にお伝えします。

実際に手を動かしながら作業をするので、頭に入りやすく帰宅してからすぐに試してみることができます。

 

さぁ、今こそトレゼミで
新しい未来への扉を開きましょう!

< 体験勉強会の日程を確認する!! >

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。