これから仮想通貨投資を始める人たちへ:仮想通貨投資が人気の理由

これから仮想通貨投資を始める人たちへ:仮想通貨投資が人気の理由
これから仮想通貨を始める人へ「仮想通貨投資が人気の理由」
最近何かと話題となっている仮想通貨。なぜこんなに人気なのか?なぜこれだけ多くの人を惹きつけるのか?仮想通貨投資がおすすめの理由をいくつか挙げましたので、これから仮想通貨投資を始める方は参考にして下さい。
目次
  1. 仮想通貨は儲かると考える人が多い
  2. 投資初心者でも簡単に始めやすい
  3. 株と違い24時間取引ができて忙しくても投資可能
  4. 数千円から投資可能

理由①:仮想通貨は儲かると考える人が多い

「仮想通貨投資は儲かるから仮想通貨投資をはじめた」といった人が多くいるようです。

マイボイスコム社が今年の2018年3月に調査した結果によると、仮想通貨を保有した理由やきっかけについて、「投資目的」が47.8%と最も多くを占めた他、次いで多かった理由は「儲けが期待できる」で、3割強もの人が挙げており、仮想通貨は儲かるから仮想通貨投資をはじめたという人が多くいるようです。

もちろん、仮想通貨投資はその変動率が高い事からハイリスクハイリターンであり、必ず勝てるといった保証があるわけではりませんが、2017年1月1日の価格約11万円ちょうどから2017年の最高値227万円と、約20倍になっている事から、その値動きに魅力がある事や今後もそのように仮想通貨価格が倍になるという期待が仮想通貨投資の魅力の一つとなっているようです。

理由②:投資初心者でも簡単に始めやすい

投資をした事無いからちょっと抵抗がある」という方もいらっしゃるとは思いますが、仮想通貨投資が初めてだという人は多くいるようで、実際にCoinPost編集部内の多くもそうです。

図1 出典:日本証券業協会「個人投資家の証券投資に関する意識調査」より

実際に、株式などの証券投資をする個人投資家の年齢層分布の大半は50代以上で占められています。(図1参照)

図2 出典:一般社団法人日本仮想通貨交換業協会「仮想通貨取引についての現状報告」

しかし、仮想通貨投資家の年齢層分布は20代、30代が大半を占めており、「投資はしたことなかったけど、投資をはじめてみた20代、30代のユーザー」という人が大半を占めており、20代、30代で投資未経験者を惹きつけております。

理由③:株と違い24時間取引ができて忙しくても投資可能

株取引は平日の9時から15時まで、FX為替取引であれば月曜早朝から土曜日の早朝までと、仕事をしているサラリーマンの方々が短期で勝負するには難しい時間帯です。

しかし、仮想通貨取引は24時間365日取引が可能であり、都合がいい時間やタイミングで投資を行う事ができることも仮想通貨投資の魅力です。

理由④:数千円から投資可能

少額から投資できることも仮想通貨取引の魅力です。

コインチェックでも500円からビットコインを買えるなど、少額取引が可能であり、株式投資であれば最低購入金額が安くても数万円であり、ある程度の資金がないと投資をする事は厳しいのですが、仮想通貨取引では数千円程度から自分の購入したい仮想通貨を買う事ができる。

最初は怖いから数千円から投資してみる事も可能です。

免責事項

仮想通貨投資は必ず利益が得られるものではございません。その商品性を理解し、仮想通貨投資、仮想通貨購入時は自己責任の下行なって下さい。

また、仮想通貨は非常にその変動性が高くハイリスク・ハイリターンとなっている他、価格変動リスク、流動性リスク、信用リスク、さらにはセキュリティリスクなど様々なリスクがあり、そのリスクを十分理解した上で、投資家の自己責任原則の下投資を行なって下さい。

取引所の口座開設時のリスクに関する項目等もよくお読みになった上で、投資をされる事を推奨いたします。

gumi國光社長インタビュー【前編】:ブロックチェーンで新しい経済圏をゲームの中で作る

gumi國光社長インタビュー【前編】:ブロックチェーンで新しい経済圏をゲームの中で作る
gumi國光社長に独占インタビュー
5月30日に仮想通貨・ブロックチェーン事業への参入と、子会社gumi venturesを通じて仮想通貨ファンド(gumi Cryptos匿名組合)を組成し、仮想通貨への投資を開始していることを併せて発表したgumiの國光宏尚社長にCoinPost独占インタビューを行いました。前編、後編の二部構成となっており、今回はブロックチェーンファンドの話や、ブロックチェーンじゃなければできないことなどの本質を突いた興味深い話が多く語られております。

gumi、仮想通貨・ブロックチェーン事業参入へ

5月30日のプレスリリースにて、株式会社gumiは仮想通貨・ブロックチェーン事業に参入することと、子会社gumi venturesを通じて仮想通貨ファンド(gumi Cryptos匿名組合)を組成し、仮想通貨への投資を開始していることを併せて発表しました。

出典:株式会社gumi 2018年4月期 通期及び第4四半期決算説明資料 添付資料

仮想通貨・ブロックチェーンに関する具体的な事業内容はまだR&D段階とするも、市場が急拡大している同分野において、投資やコンテンツの自社開発を行っていく方針であることをプレスリリースで明らかにしております。

出典:株式会社gumi 2018年4月期 通期及び第4四半期決算説明資料 添付資料

また仮想通貨ファンドにおいては、シリコンバレーで25年以上Executiveを務めた経験を持つMiko Matsumura氏を共同事業者に迎え、国内大手金融機関や韓国の大手ゲーム開発・運営企業等が同ファンドに出資しているとのこと。

このたび、gumiの國光社長から今回の仮想通貨・ブロックチェーン事業への参入と、同分野への投資ファンドについて、CoinPostでインタビューの機会をいただきましたので、以下ご覧下さい。

國光宏尚社長へ独占インタビュー

撮影:CoinPost編集部

※以下、青線部は全て國光氏が語っている部分になります。

新規事業の必勝法、ブロックチェーン事業の戦略にも

國光氏:

gumiがやっている新規事業は三つありまして、一つ目はモバイル動画、二つ目はVR/AR、三つ目は最近はじめた仮想通貨・ブロックチェーンになるのですが、新しい事業を作る際には、僕なりの必勝法というものがあります。

まずここから3年から5年後に来る市場はどこかというのを見定めて、次に市場が立ち上がってきたらそこで成功する会社はこういう会社だという仮説を立てて、最後にファンドを設立して様々な会社に投資をしながら、投資先間で情報共有を徹底して、仮説検証を高速に回していくという戦略です。

gumiが上場したのが2014年なのですが、そのとき、次の新しい事業の軸を作っていこうと考え準備したのがモバイル動画でした。

当時、今から3年から5年後にモバイル動画が来ると考え、そのときに勝つ会社というのは、スマホファースト、つまりスマホ「ならでは」の動画コンテンツ、体験、UI/UXを一から作ったところと仮定して、gumi venturesという20億円規模のファンドを通じて投資をしました。

今回のブロックチェーンにも繋がるのですが、僕がやっぱり信じているのは、新しいテクノロジーが出て来ると、そのテクノロジーじゃなければできないコンテンツ、体験、UI/UXというのを一から構築したところが成功するのだろうと考えています。

スマホゲームの時も、多くの企業は最初、家庭用ゲームやガラケーのゲームをスマホに移植しようとしましたが、やはりそういったものは成功せず、結局ヒットしたのはスマホの機能を最大限に活用したパズドラやモンストのような、スマホじゃなきゃできない、スマホならではのゲームで、そういったものが流行っていきました。

僕はブロックチェーンでも全く同じだと考えていて、重要になってくるのはブロックチェーンファーストで、ブロックチェーンならではのコンテンツ、体験、UI/UXを一から発明したところが成功していくと思っています。でも結局、今ほとんどのプロジェクトを見渡すと、ブロックチェーンじゃなくてもできるプロジェクトが多く見受けられます。

ブロックチェーンじゃなければできないこと

撮影:CoinPost編集部

國光氏:

僕がブロックチェーンじゃなければできないことで見ているものが大きく分けて二つあり、一つ目は「トラストレスで自律的でDecentralized(非中央集権)」なネットワークです。

ビットコインの面白い部分を挙げるとすると、今までは信用保証をどこかの機関がやっていました。

例えば日本円であれば、政府や日銀で、楽天ポイントであれば楽天、AmazonポイントであればAmazonです。

一方でビットコインは、誰も信用保証をやっていません。これがトラストレスな点です。

では誰が信用保証をしているかというと、マイナーになるわけですが、マイナーは誰かに頼まれたわけではなくて、自分の利益の為に勝手にやっています。これが自律的な点です。

さらに、マイナーはどこか一社でやっているわけではなく、皆それぞれ分散してやっています。これがDecentralizedです。

もう一つブロックチェーンじゃなければできないこと、面白い特徴だなと考えているのが、「デジタルデータがコピーできないからユニーク、つまり唯一性を持ち、かつトレーダブルなものになったことから資産性を持った」という点です。

コンテンツビジネスは、インターネット以前はデータを売っていて、音楽であればCD、映像であればDVD、ゲームであればパッケージですが、インターネット時代になってデータが複製可能になってしまったため、価値が無くなってしまいました。

だからコンテンツそのもの、歌や映像、ゲームが売れなくなってしまいました。

そのため、コンテンツを売るビジネスからサービスを売るビジネスに変わり、僕らも基本無料でコンテンツを展開して、そこから様々なサービスを提供することでお客様から対価を頂いています。

映像業界も、コンテンツを売るわけではなく、自分が観たいものを見つけやすいというサービスを売るようになって、コンテンツ販売業からサービス業になりました。

データが複製可能なインターネット時代で、データそのものを売るのが難しくなってきている中、ビットコインを見てて面白いなと思うのは、ただのデジタルデータにも関わらず価値がある点です。

ブロックチェーンの特徴として、改ざんができないことを挙げる人が多いですが、それよりもはるかに重要だと感じているのは、コピーできないことです。

ビットコインも音楽ファイルみたいにコピーが可能になったら、価値がなくなります。

コピーできない、これがユニークなデータだということをブロックチェーンが保証することで、ただのデジタルデータが資産性を持ったということが、非常に興味深い点なのです。

ゲームにブロックチェーンを用いるとどうなるのか?

撮影:CoinPost編集部

國光氏:

ゲームって例えば様々なキャラクターが出てきますが、現状は資産性が無いですよね。

もしゲーム中のキャラクターが資産性を持ったらどうなるでしょうか。

昔、セカンドライフの土地を買った人がいましたが、もしあのセカンドライフの中の土地がブロックチェーン上で管理されて資産性を持ったらどうなるでしょうか。

他にもMMOのRPGで、そこに登場する剣や、鎧などが、仮にブロックチェーン上で管理されてユニークで資産性を持ったらどうなるでしょうか

そう考えると、今までのゲームとは大きく変わっていくのではないか、と考えています。

例えば、MMOのゲームにブロックチェーンを組み込み、海賊王を目指す大海賊ゲームみたいなものがあると仮定します。

MMOでトッププレイヤーが引退する時、その引退する次の日くらいに、そのトップレイヤーが、持ち物や宝をその世界のどこかに置いてきた、見つけたやつが海賊王だ、といった感じで発表したとすると、みんな探しにいくわけじゃないですか。

それで、どこかのゲーム内のエリアで、そのトッププレイヤーの剣を発見した人がいて、ブロックチェーン上でそれが昔トッププレイヤーの持っていた剣だと参照できると、その剣はプライスレスな価値を持ちます。

そういうMMOの世界で自分の持っている持ち物が誰かに渡って継承されていくような形になれば、今までにないゲームになるのだろうなと考えております。

他に例を挙げれば、サバイバル系のシューティングゲームが流行していますが、こういうゲームはゲーム上でキャラクターが殺されても大したペナルティはなかったのです。

しかし、もし全ての武器がブロックチェーン上にあったと仮定すると、それらが資産性を持つことになり、この銃は10万円、この鎧は20万円で、全部の装備を合計すると50万円、といったようなことになります。

そして、キャラクターが殺されると武器が奪われてしまう、となると、キャラクターが死ぬことって凄く怖くないですか?(笑)

だからもしゲームにブロックチェーンの技術を取り入れれば、ゲームの中に新しい経済圏を作れるようになると思います。

さらに面白いのが、リアルの人生の中のことがほとんどゲームで再現できると思うのです。

友情や愛情もその範疇で、ゲームの中で結婚する人や親友を作る人がいますが、ここからVRがさらに進化してくると、視覚とか聴覚とか触覚などの五感が、現実と変わらなくなる世界がここから数年で到来してくるのではないかなと考えております。

唯一ゲームでできなかったことがあって、それはお金を稼ぐことでした。

しかし、もしゲームの中にブロックチェーンの技術が入ってきて、ゲーム内アイテムに資産性が出てくると、リアルで働くことが得意な人は、リアルで稼げばいい一方で、ゲームの中でモンスターが狩るのが得意な人はモンスターを狩りまくってお金稼ぎができるようになります。

今までのリアルな世界だけじゃない、ゲームの中に新しい経済圏を作っていけること、そしてデジタルデータがブロックチェーン上にあり、ユニークなものになり、資産性を持つようになることは大きな意味を持ちます。

國光社長が仮想通貨、ブロックチェーンを知るようになったきっかけ

國光氏:

仮想通貨領域のところは、どちらかといえば元々僕は否定的でした。

ブロックチェーンじゃなくてもできることをやるような話が多かったからです。

しかしその後、仮想通貨事業に取り組もうと思った一つのきっかけとなったのが、起業家仲間から「起業家が食わず嫌いしてどうするんだ」と言われたこと。

確かにそうだと思って、調べ尽くした上で全力で批判しようと思っていたのですが、いざ調べてみると、「あれ?これは凄いんじゃないか?」と気づき、そこから一気にのめり込んでいきました。(笑) 

起業家仲間とそういう話をしていたのが去年の6月で、そこから急いでファンドやプロジェクトの準備を進めていったという感じです。

【後編】(近日公開予定)へ続く

國光社長略歴

撮影:CoinPost編集部

経歴

2004年、カリフォルニアのサンタモニカカレッジを卒業後、株式会社アットムービーへ入社し、同年取締役に就任。映画やドラマのプロデュースを手掛ける一方で、様々なインターネット関係の新規事業を立ち上げる。

2007年、株式会社gumiを創業し、代表取締役に就任。

2012年、投資事業開始のため株式会社gumi venturesを設立し、取締役に就任。

2015年、VR/AR関連のスタートアップを支援する100%子会社Tokyo XR Startups 株式会社を設立し、代表取締役に就任。

2016年、主に北米のVR/AR企業への投資を目的としたVR FUND,L.P.のジェネラルパートナーとして運営に参画、また韓国にてSeoul XR Startups Co., Ltd.を設立し取締役に就任。

2017年、北欧地域のVR/AR関連スタートアップを支援するNordic XR Startups Oy.を設立し、代表取締役に就任。

2018年、株式会社gumi venturesを通じてgumi Cryptos匿名組合を組成し、仮想通貨・ブロックチェーン事業に参入。

7/7 Huobi研究所提供業界研究レポート:今週の仮想通貨上位100通貨の合計時価総額は上昇し、ビットコインドミナンスも上昇

7/7 Huobi研究所提供業界研究レポート:今週の仮想通貨上位100通貨の合計時価総額は上昇し、ビットコインドミナンスも上昇
Huobi研究所提供業界研究レポート
今週も仮想通貨取引所の中でも大手取引所のHuobi社の研究所でリリースされているレポートをCoinPostで日本語に訳し、皆様にお届けいたします。 今回も主に「仮想通貨市場に関する統計」と、「マイニングに関する統計」の2点をピックアップ。 現在話題のHB10インデックス指数のデータなど、仮想通貨投資家必見の内容になっておりますので、この調査レポートを是非仮想通貨投資にお役立て下さい。

仮想通貨市場

仮想通貨マーケット概況

今週(6/25〜7/11)の仮想通貨市場は全体的に上昇しましたが、仮想通貨時価総額上位100通貨のうち28もの通貨が下落しました。

Coinmarketcapによると、7/2時点における仮想通貨上位100通貨の合計時価総額は、先週比3.97%増となる2,448億ドルとなりました。中でも注目すべきは、時価総額を52.66%上昇させたPPTで、時価総額ランキングも40位までランクアップ。同様にPOWRの時価総額も52.66%上昇し、時価総額ランキングも29位ランクアップさせ、82位となりました。

新たに時価総額上位100通貨にランクインしたのはPOWRの他に、時価総額が47.56%増となり24位ランクアップしたMCOと、時価総額が46.12%増となり25位ランクアップしたCTXC、時価総額が41.77%増となり21位ランクアップしたWICC、時価総額が40.86%増となり19位ランクアップしたTHETA、そして時価総額が31.14%となり19位ランクアップしたWAXの計6通貨となっております。

価格が最も上昇したのも57.56%上昇したPPTであり、最も価格が下落したのは先週比で13.04%下落したCNXでした。

7/2時点で、ビットコイン(BTC)は先週比6.61%上昇の6377.87ドルとなり、ETHは先週比0.07%下落の453.30ドルとなりました。

図1:時価総額100位以内の仮想通貨価格の変動率上位下位トップ5

出典:coinmarketcap

時価総額トップ100位通貨の取引高

7/2の時点で、時価総額上位100通貨の24時間における取引高は先週比で6.05%増加し、通貨数としては18もの通貨が100%以上の増加を記録。

その中でも最も取引高が上昇したのは7629.14%増となったPOWRであり、次いでSTEEMが先週比で1542.16%増加しました。

その一方で、取引高が減少した通貨数は37通貨にのぼった他、最も取引高減少となった通貨は67.57%減少を記録したVERIとなりました。

図2:仮想通貨時価総額トップ100位の合計時価総額(左)と24時間の取引高(10億ドル単位)

出典:coinmarketcap

上位10通貨の市場占有率(ドミナンス)

ほとんどの通貨の時価総額が増加する中、時価総額上位10通貨の市場占有率(ドミナンス)にあまり変動は見られませんでした。

7/2時点で、上位10通貨の時価総額は先週比3.82%増となる2100億ドルとなり、時価総額全体の82%を占めております

ビットコイン(BTC)の市場占有率(ドミナンス)は先週比1.06%増加し、42.64%となりました。

図3:時価総額上位10通貨の市場占有率(マーケットシェア)

出典:coinmarketcap

図4:時価総額上位10通貨の市場占有率(ドミナンス)の先週比比較

出典:coinmarketcap

HBインデックス指数

Huobiが10通貨で構成して算出しているHBインデックス指数は7.22%の上昇となりました。

Huobi Global Exchangeのデータによると、先週の同指数は733.47でしたが、7/2深夜時点でHBインデックス指数は786.42とっており、週間最高値は828.64で、最低値727.92となりました。

図5.HB10 構成通貨と構成比率

出典:Huobi global exchange platform

マイニングに関する統計

ハッシュレート

今週(6/25〜7/1)はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)ともにハッシュレートが減少しました。

ビットコイン(BTC)ネットワークの平均ハッシュレートは先週比9.37%減の31.73EH/sとなり、イーサリアム(ETH)ネットワークの平均ハッシュレートも先週比0.05%減となる278.051TH/sとなりました。

図6.ビットコイン(BTC)ハッシュレートの変化

出典:blockcahin.info

図7.イーサリアム(ETH)ハッシュレートの変化

出典:etherchain

ディフィカルティ(難易度)

今週、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のディフィカルティ(難易度)は共に下落しました。

ビットコイン(BTC)の平均マイニングディフィカルティは先週比12.7%減となる4.25Tとなり、イーサリアム(ETH)も先週比0.17%減となる3.208Pとなりました。

図8.ビットコイン(BTC)マイニングディフィカルティ(難易度)

出典:blockchain.info

図9.イーサリアム(ETH) マイニングディフィカルティ(難易度)

出典:etherchain

マイニングプールの市場占有率、マーケットシェア

ビットコイン(BTC)

今週、マイニングプール市場におけるBTC.comのマーケットシェアはやや減少した他、ViaBTCが5位にランクインするなどの変化がありました。

6/25から7/1までの間に、ビットコイン(BTC)ブロックチェーン上でマイニングが行われたブロック数は先週比で9.13%減少し、1026個となりました。

    ビットコイン(BTC)マイニングプールの市場占有率

    (マイニングプール名−ブロック生成数、市場占有率、ハッシュレートの順で記載)

  • BTC.comー260個、25.24%、9.35EH/s
  • AntPoolー160個、15.59%、5.75EH/s
  • SlushPoolー104個、10.14%、3.74EH/s
  • F2Poolー102個、9.94%、3.67EH/s
  • ViaBTCー101個、9.84%、3.63EH/s

図10. ビットコイン(BTC)マイニングプールの市場占有率(マーケットシェア)

出典:BTC.com

イーサリアム(ETH)

6/25から7/1までの間に、イーサリアム(ETH)ネットワークで生成されたブロック数は先週比で1.48%減少し、40455個となりました。

    イーサリアム(ETH)マイニングプールの市場占有率

    (マイニングプール名−ブロック生成数、市場占有率の順で記載)

  • Ethermineー11066個、27.35%
  • f2pool_2ー7064個、17.64%
  • SparkPoolー6543個、16.17%
  • Nanopoolー4705個、11.63%
  • miningpoolhub_1ー4159個、10.28%

図11.イーサリアム(ETH)マイニングプールの市場占有率

出典:etherscan.io

アクティビティデータ

ビットコイン(BTC)

今週、BTCのブロックデータサイズ、ブロック毎の平均トランザクション回数共に増加しました。

Blockchain.ifoによると、6/24から7/1までの間で、ビットコイン(BTC)の平均ブロックデータサイズは先週比12.57%となる887.4Kbsとなり、ブロック毎の平均トランザクション回数も先週比で6.11%増となる1319回となりました。

図12.ビットコイン(BTC)のブロックデータ

出典:blockchain.info

図13.ビットコイン(BTC)の平均トランザクション回数

出典:blockchain.info

イーサリアム(ETH)

Etherchainによると、イーサリアム(ETH)の平均ブロックデータサイズは先週比1.97%増となった23673 bytesとなった一方で、イーサリアム(ETH)のブロック毎の平均トランザクション回数は先週と変わずの125.4回となりました。

図14.イーサリアム(ETH)の平均ブロックデータサイズ

出典:etherchain

図15.イーサリアム(ETH)の平均トランザクション回数

出典:etherscan.io

今週の仮想通貨業界は何が起きた?ニュースと価格変動ランキング|7月第1週

今週の仮想通貨業界は何が起きた?ニュースと価格変動ランキング|7月第1週
今週仮想通貨業界を振り返り
1週間ごと仮想通貨業界、市場でおきた出来事をニュースを元に振り返ります。また1週間の通貨変動率ランキングも掲載。

今週起こった重要ニュース

7月2日

仮想通貨とブロックチェーン技術は、未来の宝|世界最大手の法律事務所「Baker McKenzie」会長が語る

世界最大手の法律事務所で会長を務めるAl Mulla氏は、ドバイで開催された「Arabian Business Startup Academy」に登壇。

ブロックチェーン技術と仮想通貨の可能性について、「仮想通貨とブロックチェーン技術は、未来の宝だ」と言及した。

2018-07-02 11:40

中国:ベンチャーファンドが米国市場に9,000万ドル相当のETHを投資するが、銀行当局は仮想通貨規制を検討

中国銀行規制管理委員会(CBRC)は、仮想通貨市場に対し、積極的な態度を明らかにし、国内の公認議員は仮想通貨業務のためのライセンスを導入する必要があると述べた。

その間に、中国に本社を置くベンチャーファンドは、米国に拠点を置くブロックチェーンと仮想通貨プロジェクトに投資するための大規模な200,000ETH(約100億円)の予算を発表した。

China: Banking Authority Considers Cryptocurrency Regulations while Venture Fund Announces $90 Million Worth ETH Investment for U.S. Market

7月3日

ビットコインなど仮想通貨市場への機関投資家の資金流入が加速|半期で約710億円に膨らむ

仮想通貨市場の低迷にも関わらず、ベンチャーキャピタル(VC)企業やヘッジファンドなど、機関投資家から仮想通貨市場への資金流入は、2018年初頭から6月15日時点にかけて約710億円(2017年は約550億円)に膨らむなど、大幅な増加傾向にある。

2018-07-03 17:49

インターネットの父と呼ばれるTim Berners-Lee氏:『ブロックチェーンを信じる』

インターネットの父と呼ばれるTim Berners-Lee氏は、ブロックチェーンを将来インターネットの次なるステップと期待しているようだ。

ブロックチェーンが約束する非中央集権という理念は同氏が確立した無料でオープンソースのインターネットというコンセプトにマッチングしていると述べた。

The internet needs a Solid re-decentralization: Tim Berners-Lee

7月4日

イラン:仮想通貨取引所すべてアクセス不可能

8月に始まる米国による経済制裁を前にイラン政府は国民が財産を仮想通貨に変換し、自国通貨のインフレを回避する経済手段を絶ったそうだ。

闇市場で米ドルを買うよりも、BTCのような仮想通貨へアクセスしやすかったが、イラン政府は自国からの通貨流出を引き止め、更にマネーロンダリングを防止するために、BinanceやBlockchainなどの取引所へのアクセスをVPNからのアクセスも含め、すべて制限している。

Crypto Exchanges Are Suddenly Being Censored In Iran

ビットコインが今後回復に向かう5つの理由

海外仮想通貨メディアのCryptovestにて、今後ビットコイン価格が回復する5つの理由が紹介された。

2018-07-04 06:00

7月5日

ウズベキスタン:大統領令により仮想通貨合法化に近く

シャヴカト・ミルズィヤエフ大統領が「ウズベキスタン共和国におけるデジタル経済の発展について」と題された大統領令が4日、公開され、ミルズィヤエフ大統領は同国の発展に欠かせない技術の一つだとして、仮想通貨を肯定的に捉えている。

Presidential Decree Sets the Stage for Legalizing Cryptocurrencies in Uzbekistan

NEO:分散化の時代

NEO財団は「分散化の時代」に突入したと述べ、プライベートノードの使用しない方針を明らかにした。

2019年にはトークン保有者がどの組織がネットワークを運営するか投票が行われる。

NEO Entered the Era of Decentralization

7月6日

ビットコイン年末価格予想を220万円へ20%下方修正|Tom Lee氏が考える将来性に対する展望とは?

今後のマイニング費用と今までの平均マイニング費用の2.5倍で考えると、約2万2千ドルと考えられる。年末前後は2万5千ドルまで上昇するとも信じてる。と述べた。

2018-07-06 12:20

多数の著名人が200万円に上昇する前に下落相場は続くと予想

金融データのプロバイダであるADVFNのCEO、Clem Chamber氏は価格について、200万円台に昇る前に20万円まで下がるだろう。と述べた。

加えて、大手仮想通貨取引所BitMEXのCEO、Arthur Hayes氏も下値は30万から50万まで下がる可能性を予想しているものの、 ひとつ仮想通貨に対する肯定的な規制の判断が下れば200万から500万まで昇るだろう。と供述。

CEO: Bitcoin Will Probably Hit $2,000 Before It Hits $20,000

今週の上昇・下落比較

今週の上昇通貨(1週間比)
Rank 通貨名 上昇率
1位 0x (ZRX) +63.97%
2位 Selfkey (KEY) +61.91%
3位 ODEM (ODE) +59.73%
4位 Monaco (MCO) +51.51%
5位 Bluzelle (BLZ) +50.90%
今週の下落通貨(1週間比率)
Rank 通貨名 下落率
1位 Tezos (XTZ) -61.48%
2位 Centrality (CENNZ) -28.14%
3位 MOAC (MOAC) -16.20%
4位 DEW (DEW) -15.27%
5位 Fusion (FSN) -11.39%

今週の仮想通貨業界は何が起きた?ニュースと価格変動ランキング|7月第1週

今週の仮想通貨業界は何が起きた?ニュースと価格変動ランキング|7月第1週
今週仮想通貨業界を振り返り
1週間ごと仮想通貨業界、市場でおきた出来事をニュースを元に振り返ります。また1週間の通貨変動率ランキングも掲載。

今週起こった重要ニュース

7月2日

仮想通貨とブロックチェーン技術は、未来の宝|世界最大手の法律事務所「Baker McKenzie」会長が語る

世界最大手の法律事務所で会長を務めるAl Mulla氏は、ドバイで開催された「Arabian Business Startup Academy」に登壇。

ブロックチェーン技術と仮想通貨の可能性について、「仮想通貨とブロックチェーン技術は、未来の宝だ」と言及した。

2018-07-02 11:40

中国:ベンチャーファンドが米国市場に9,000万ドル相当のETHを投資するが、銀行当局は仮想通貨規制を検討

中国銀行規制管理委員会(CBRC)は、仮想通貨市場に対し、積極的な態度を明らかにし、国内の公認議員は仮想通貨業務のためのライセンスを導入する必要があると述べた。

その間に、中国に本社を置くベンチャーファンドは、米国に拠点を置くブロックチェーンと仮想通貨プロジェクトに投資するための大規模な200,000ETH(約100億円)の予算を発表した。

China: Banking Authority Considers Cryptocurrency Regulations while Venture Fund Announces $90 Million Worth ETH Investment for U.S. Market

7月3日

ビットコインなど仮想通貨市場への機関投資家の資金流入が加速|半期で約710億円に膨らむ

仮想通貨市場の低迷にも関わらず、ベンチャーキャピタル(VC)企業やヘッジファンドなど、機関投資家から仮想通貨市場への資金流入は、2018年初頭から6月15日時点にかけて約710億円(2017年は約550億円)に膨らむなど、大幅な増加傾向にある。

2018-07-03 17:49

インターネットの父と呼ばれるTim Berners-Lee氏:『ブロックチェーンを信じる』

インターネットの父と呼ばれるTim Berners-Lee氏は、ブロックチェーンを将来インターネットの次なるステップと期待しているようだ。

ブロックチェーンが約束する非中央集権という理念は同氏が確立した無料でオープンソースのインターネットというコンセプトにマッチングしていると述べた。

The internet needs a Solid re-decentralization: Tim Berners-Lee

7月4日

イラン:仮想通貨取引所すべてアクセス不可能

8月に始まる米国による経済制裁を前にイラン政府は国民が財産を仮想通貨に変換し、自国通貨のインフレを回避する経済手段を絶ったそうだ。

闇市場で米ドルを買うよりも、BTCのような仮想通貨へアクセスしやすかったが、イラン政府は自国からの通貨流出を引き止め、更にマネーロンダリングを防止するために、BinanceやBlockchainなどの取引所へのアクセスをVPNからのアクセスも含め、すべて制限している。

Crypto Exchanges Are Suddenly Being Censored In Iran

ビットコインが今後回復に向かう5つの理由

海外仮想通貨メディアのCryptovestにて、今後ビットコイン価格が回復する5つの理由が紹介された。

2018-07-04 06:00

7月5日

ウズベキスタン:大統領令により仮想通貨合法化に近く

シャヴカト・ミルズィヤエフ大統領が「ウズベキスタン共和国におけるデジタル経済の発展について」と題された大統領令が4日、公開され、ミルズィヤエフ大統領は同国の発展に欠かせない技術の一つだとして、仮想通貨を肯定的に捉えている。

Presidential Decree Sets the Stage for Legalizing Cryptocurrencies in Uzbekistan

NEO:分散化の時代

NEO財団は「分散化の時代」に突入したと述べ、プライベートノードの使用しない方針を明らかにした。

2019年にはトークン保有者がどの組織がネットワークを運営するか投票が行われる。

NEO Entered the Era of Decentralization

7月6日

ビットコイン年末価格予想を220万円へ20%下方修正|Tom Lee氏が考える将来性に対する展望とは?

今後のマイニング費用と今までの平均マイニング費用の2.5倍で考えると、約2万2千ドルと考えられる。年末前後は2万5千ドルまで上昇するとも信じてる。と述べた。

2018-07-06 12:20

多数の著名人が200万円に上昇する前に下落相場は続くと予想

金融データのプロバイダであるADVFNのCEO、Clem Chamber氏は価格について、200万円台に昇る前に20万円まで下がるだろう。と述べた。

加えて、大手仮想通貨取引所BitMEXのCEO、Arthur Hayes氏も下値は30万から50万まで下がる可能性を予想しているものの、 ひとつ仮想通貨に対する肯定的な規制の判断が下れば200万から500万まで昇るだろう。と供述。

CEO: Bitcoin Will Probably Hit $2,000 Before It Hits $20,000

今週の上昇・下落比較

今週の上昇通貨(1週間比)
Rank 通貨名 上昇率
1位 0x (ZRX) +63.97%
2位 Selfkey (KEY) +61.91%
3位 ODEM (ODE) +59.73%
4位 Monaco (MCO) +51.51%
5位 Bluzelle (BLZ) +50.90%
今週の下落通貨(1週間比率)
Rank 通貨名 下落率
1位 Tezos (XTZ) -61.48%
2位 Centrality (CENNZ) -28.14%
3位 MOAC (MOAC) -16.20%
4位 DEW (DEW) -15.27%
5位 Fusion (FSN) -11.39%

先読み投資情報 7/7〜7/15|最注目の仮想通貨とイベント一覧(シールド・オーガ・ナルス他)

先読み投資情報 7/7〜7/15|最注目の仮想通貨とイベント一覧(シールド・オーガ・ナルス他)
来週最注目の仮想通貨とイベント一覧
来週(7/7〜7/15)以降に価格上昇などを期待できる好材料など、最注目の仮想通貨や最新のイベント情報まとめ。仮想通貨が無料配布される「エアドロップ」や、ROI(投資利益率)が高い「マスターノード」機能実装予定の通貨も紹介している。
免責事項
当サイトで書かれている情報は、独自の調査に基づいたものであり、正確性を保証するものではありません。投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。仮想通貨や上場企業に投資される際は、ご自身で入念に調査した上、ご判断下さい。
マスターノードとは

一定数以上のコイン保有や専用のサーバーの起動など「特定の条件」を満たすことで、一定期間ごとに通常のマイニングよりも多額の報酬を受け取ることができる仕組み。

ROI(投資利益率)が高いものが多く、価格上昇した場合はキャピタルゲイン(通貨の売却益)と、マスターノード報酬によるインカムゲイン(配当収入)を二重に得ることができる。

CoinPost:仮想通貨用語集

目次
  1. 来週の注目イベントと通貨
  2. 近日:Shield(シールド)の大幅アップデート
  3. 7/9(月):VeChainThorモバイルウォレットのリリース
  4. 7/10(火):Augur(オーガ)がイーサリアムメインネットに移行
  5. 7/12(木):Nuls(ナルス)のメインネット公開と配布キャンペーン
  6. 〜10/1(月):Ontology(オントロジー)トークン移行

来週の注目イベントと通貨

7/7(土)〜7/15(日)までの仮想通貨市場を影響する可能性のある注目イベントと、注目通貨情報をまとめています。

近日:Shield(シールド)の大幅アップデート

  • Bitcoin v0.16.1ベースの新コードベース
  • 新しいリターゲティングシステムの搭載
  • テストネットの展開
  • マスターノード(800,000ブロックからパブリックテスト開始)
  • 6種類のマイニンングアルゴリズム

価格高騰を伴いやすいマスターノードは、パブリックテストの後実装される予定です。

本稿執筆時点(7月6日夕方)でブロック数は798,390で、残り1610ブロックとなりました。

ブロック数に依存するため正確な日は不明ですが、おそらく7月7日前後と予想されています。

799,000ブロックとなれば、入出金一時停止となりますのでご注意ください。

CoinPostでは、Shield (XSH)のマスターノード機能が実装され次第、「マスターノードの建て方」記事を掲載する予定です。

参考:ハードフォークに関するお知らせ

7/9(月):VeChainThorモバイルウォレットのリリース

時価総額18位のVeChainプロジェクトが7月9日(月)に「VeChainThor Mobile」というスマートフォン仕様のウォレットをリリースする予定です。

コインポストからのリマインダー

先月30日に、VeChainThorというメインネットのローンチを終えました。

今月中旬からトークン移転が可能となり、VENからVETへと改名し、1:100の比率でVETトークンスワップが行われる予定です。

新たなトークンを受け取るには所有しているVENを追跡可能なERC20のウォレットに入れておく必要があり、今回のトークン交換をサポートするのはBinance、Huobi、KucoinなどVENを取り扱っている取引所です。

参考:VeChainThorウォレットのマニュアル

CoinPostの関連記事

2018-06-16 20:45

7/10(火):Augur(オーガ)がイーサリアムメインネットに移行

時価総額33位のAugurプロジェクトは日本時間7月10日(火)にイーサリアムメインネットへと移行され、REPトークンもその時間を持ち、移行される予定です。

この間REPトークンは凍結され、残高は自動的に1:1で移行されます。

EtherDelta、ForkDelta、IDEX、OasisDEXを使用している場合は、移行予定日の前にREPトークンを引き下ろす必要があります。

参考:REPトークンの移行について

CoinPostの関連記事

2017-11-18 19:30

7/12(木):Nuls(ナルス)のメインネット公開と配布キャンペーン

時価総額106位のNulsプロジェクトは日本時間7月12日(木)にメインネットを発足する予定です。

このイベントを祝うため、日本時間7月5日から7月11日の間、毎日1名の方に抽選で50NULS(最終日には100NULS)が無料配布されます。

詳細はこちらからどうぞ。

参考:NULSカウントダウンキャンペーン

CoinPostの関連記事

仮想通貨ナルス(Nuls/NULS)のチャート・価格・相場一覧を掲載しています。また、ナルス(Nuls/NULS)とは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。

〜10/1(月):Ontology(オントロジー)トークン移行

6月30日(土)に行われたメインネットローンチで「Ontology1.0」というOntologyプロジェクト独自のブロックチェーンがデビューしました。

また同時にハイパフォーマンス・パブリックチェーンに用いられる統合ウォレット、「ONTO」がAndroidバージョンでリリースされました。

コインポストからのリマインダー:トークンスワップについて

Binance、Huobi、OKEx、Upbit、Gate.io、CoinEggはONTトークン移行をサポートします。

また、ONTOアプリ内にはワンストップスワップ(マニュアルスワップ)・その他ウォレットスワップの機能が実装されています。

Ledgerに入っているONTトークンはONTOアプリもしくは取引所でスワップするのを推薦します。

メインネットのONTの最小単位は1ONTです。もし現在所有しているONTが整数でない場合、整数にしてからトークン変更することをオススメします。

トークン変更は24時間以上かかりますが、状態はオントロジーメインネットの公式サイトか、ONTOのアドレスを入力すれば、スワップの状態と保有量を確認できます。

スワップの最終期限は2018年10月1日午前1時で、仮に最終期限までに変更されなかった場合、所有しているONTはNEOのブロックチェーンに残り、オントロジーメインネットに移行できなくなります。

トークンスワップが完了次第、ONTはONGトークンが発行され、その際ONGの受け取りに手数料は不要です。

Binanceによると、ONT所有者に毎月ONGを配布するそうです。

参考:Ontology1.0に関するお知らせ

CoinPostの関連記事

2018-04-02 20:11
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。