ノルウェー航空:今後仮想通貨で航空チケットが購入可能に?

ノルウェー航空:今後仮想通貨で航空チケットが購入可能に?
ノルウェー航空CEO仮想通貨取引所を設立
4月より本格的に参入。今後仮想通貨払いがノルウェー航空で行えることを示唆

ノルウェー航空で今後仮想通貨で航空チケットが買える様になるのか?

億万長者である、ノルウェー航空CEO BjørnKjos氏は4月に仮想通貨取引所ノルウェー・ブロック・エクスチェンジ(NBX)を設立しました。

NBXは元帳などのテクノロジーの可能性をより深く探り活用していくと述べています。

NBXのゴールの一つは市場で多くの方々に仮想通貨を受け入れてくれる場所を増やすということです。

また、CNNのニュースによると、6月8日、NBXの社長であるBjørnKjos氏の息子でありNBXの会長である、Stig Kjos-Mathisen氏は以下の様に。語って いました。

私たちはスケーリングがしやすいものを探しています。

それが通貨としての仮想通貨です。私たちはどこでも仮想通貨が売買できる場所を必要としているのです。

現在最も大事なことの一つとしてあげられるころはエコシステムの構築です。

特にノルウェー航空グループそして、全ての航空グループでエコシステムの構築が大事となるでしょう

これは将来的にノルウェー航空会社でも仮想通貨でチケットが買える様な仕組みを作ることへの示唆を意味しているのではないかという憶測もされております。

ノルウェー航空は北欧にて一番大きな航空会社で、ヨーロッパでも3番、世界では9番目に大きく低コストな航空会社として知られています。

仮想通貨取引所がノルウェー航空のCEOにより設立されたこと、そして今回の発言からさらに今後の展開が期待されます。

CoinPost関連記事

2017-09-20 19:35

ビットコインキャッシュ:90%は取引されずホールドされたまま

ビットコインキャッシュ:90%は取引されずホールドされたまま
ビットコインキャッシュの10%しか取引されていない
ビットコインキャッシュの90%は投機目的としてホールドされ取引されていないことがChainalysisの調査により明らかになりました。ビットコインの取引のスピードやスケーラビリティ問題を改善するために誕生したはずのビットコインキャッシュですが、皮肉なことにビットコインに比べ取引されるコインの割合が低いことがわかりました。
ホールドとは
ホールドとは仮想通貨を保有し続けることを意味します。

CoinPost:仮想通貨用語集

ビットコインキャッシュの10%しか実際に取引されていない

Chainalysisの調査により、ビットコインキャッシュの90%は投機目的としてホールドされ取引されていないことが明らかになりました。

ビットコインキャッシュはビットコインの取引のスピードやスケーラビリティ問題の改善のために誕生しました。

これを考慮すると、取引を行うユーザーはビットコインよりもビットコインキャッシュを持つと考えるのが理にかなっています。

しかし、全体に対する取引を目的としたユーザーの割合はビットコインキャッシュの方がはるかに低いのです。

730万枚のビットコインが投資や取引のために流動しているのに対し、ビットコインキャッシュは150万枚しか流動していません。

この興味深い矛盾はソーシャルメディアでの論点となっており、香港に拠点を置く仮想通貨取引所BitMEXは先週のツイートで今回の調査結果を強調していました。

BitMEXがRoger Ver氏のツイートに対し返信したものです。

Roger Ver氏:

もしあなたが仮想通貨はちゃんと通貨として扱われるべきであると考えるなら、来週のソウルで行われるビットコインキャッシュのミートアップに参加してください。

BitMEX:

しかし、調査チームのChainalysisの驚くべき調査によると、取引されているコインの10倍の量のコインが(長期の)投機目的としてホールドされ続けているという結果が出ています。

それに対し、ビットコインの長期投機目的と取引目的の割合は1:1です。

ツイート文にも記載されている図からもわかるように、ビットコインの投機目的:取引目的は1:1ですが、ビットコインキャッシュの投機目的:取引目的は10:1となっています。

提供:CHINALYSIS

黒色:ビットコインキャッシュ

オレンジ色:ビットコイン

左のグラフが、取引されているコインの量、右のグラフが投資目的のためにホールドされているコインの量を示しています。

さらに、取引所などによって使われるビットコインキャッシュの割合も減っており2017年11月には15%でしたが、2018年4月には7%まで落ち込んでいました。

これは、多くの取引所がビットコインキャッシュを取り扱い始め、個人がビットコインキャッシュを売り払ってしまい、最終的にビットコインキャッシュをホールドし続ける投資家の手に渡ってしまうためです。

次の各コインの通貨供給の内訳を示した2つの図をご覧ください。

上の図はビットコインのもので、下の図がビットコインキャッシュのものです。

提供:CHINALYSIS

提供:CHINALYSIS

赤色(M0):投資目的だが頻繁に取引されるコイン。(流動しているコイン。)

オレンジ色(M1):仮想通貨取引所などが保有している取引用のコイン。

紫色(M2):個人のウォレットに長期的に保有されているコイン。(流動していないコイン。)

青色(M3):失われた、もしくはまだマイニングされておらず、誰も利用することができないコイン。

ビットコインキャッシュの大部分がホールドされたままになっており、通貨としての大事な機能が使われていません。

本当にビットコインキャッシュは仮想”通貨”なのでしょうか。

CoinPost関連記事

2018-06-04 15:49
2018-03-31 11:30

女性の仮想通貨投資者率が6%から13%へ増加、国内外で活躍する女性起業家が相次ぐ

女性の仮想通貨投資者率が6%から13%へ増加、国内外で活躍する女性起業家が相次ぐ
女性が投資家が増える現状
2018年から女性の仮想通貨参入が多くなってきていることがロンドンの仮想通貨取引所London Block Exchange(以下LBE)の研究結果により明らかに
国内外問わず、女性が活躍する仮想通貨、ブロックチェーン業界
海外のカンファレンスそして、日本でもこの業界に多くの女性が関わっていることが取材を通してもわかります。

仮想通貨や投資の業界では歴史的に見ても男性が多く注目していることが見受けられます。

しかし、仮想通貨業界において、特に2018年から女性の仮想通貨参入が多くなってきていることがロンドンの仮想通貨取引所London Block Exchange(以下LBE)の研究結果により明らかになりました。

女性の仮想通貨参入率が6%から13%へ

研究結果が示したことは、この6ヶ月で女性の仮想通貨投資率が6%から13%へ2倍以上に増えたということです。

この研究結果は取引所に登録する女性の増加率、またアンケートによって導き出された数字だそうですが、確実に女性の関心が仮想通貨・ブロックチェーンに向いていることに間違いはないのではないでしょうか。

特にLBEが強調して主張していた点はミレニアル世代の参入です。

株式投資となると30代、40代の方が中心に投資を行う傾向が見受けられますが、LBEの研究結果によると、5人に1人の割合でミレニアル世代の女性が仮想通貨に興味を持っていることがわかったそうです。

あくまでこの数値は少ない数のデータ量をもとに導き出した答えではありますが、この数字が今後さらに大きくなるのではないかとLBTは述べています。

また、心理学観点から見ても女性は男性に比べて、FOMO(Fear of missing out)つまり機会損失への危機感が少ないのではないかと述べています。

LBTのビジネスアナリスト Roeyer氏は

ここ6ヶ月での研究結果では、仮想通貨へ参入する男性率は低下しており、一方で女性の参入率は増えています。

ここビットコインが下落した後に女性の市場参入率が多かったことから見ても女性の方が投資家としてより知識豊かな方が多いのかもしれません。

今後の仮想通貨投資は女性がリードしていくのかもしれません。

と語りました。

業界内で活躍する女性起業家の増加

CoinPost編集部も海外まで足を運び取材を行なっていますが、多くの女性がスピーカーとして登壇し、またカンファレンスやイベントにても女性の率が非常に高いことを感じております。

以前Cointelegraph主催BlockShow(ベルリン)へ参加した際に、前アメリカ大統領オバマ氏の広報担当、現Global Situation Room代表であるJohanna Maska氏(以下Maska氏)にも直接インタビューをさせていただき、女性の業界参入に関して以下の様に語っていました。

Blockshowのスピーカーを見て見ても、多くの女性がスピーカーとしても参加しています。ここにきている人たちを見ても女性がこの業界で活躍できる場が多く存在しています。

また、Maska氏は壇上でもオバマ元大統領広報としての経験を語ったのち、仮想通貨、ブロックチェーンの革新的テクノロジーの素晴らしさ、同時に規制の大切さを語っていました。

撮影:CoinPost

国内外で活躍する日本人女性起業家

海外だけではなく、日本でも多くの女性がこの業界に携わっています。イーサリアム財団で執行役員として働く日本人女性として宮口礼子氏 も業界で活躍する日本人女性です。

また、日本で活躍する女性としてMiss Bitcoinとして知られる藤本 真衣氏もその一人でしょう。藤本氏は仮想通貨、ブロックチェーン関係のイベントや説明会などを行ったり、この業界を様々なプロジェクトを通して盛り上げている女性起業家の一人です。

海外の傾向のみならず女性の仮想通貨、ブロックチェーン業界進出は世界の傾向なのかもしれません。

宮口氏や藤本氏のみならず日本にも多くの女性がこの業界で活躍しており、数々のプロジェクトに関わっています。

この業界は女性が働ける場所としてとても魅力的な環境なのかもしれません。

今回のデータの様に今後さらに投資をする女性が増え、女性の方で業界に携わる方々がより増えていくのではないでしょうか。

CFTC、価格操作の調査のために4つの取引所に取引データの提示を要求

CFTC、価格操作の調査のために4つの取引所に取引データの提示を要求
取引データの提供を取引所に要求
ウォール・ストリートジャーナルによると、米国CFTC(Commodity Futures Trading Commission)は価格操作が仮想通貨市場を歪めてる可能性を指摘しており、CMEのビットコイン先物の価格のインデックスとなる4つの取引所Coinbase、Kraken、itBit、Bitstampの取引データを提示することを各取引所に要求しました。
CFTCとCMEには取引の監視が求められる
今後、CMEとCFTCには、個人トレーダーが先物価格を歪めていないかを判断するために取引を監視することが求められます。
CMEグループとは
CMEとはシカゴ・マーカンタイル取引所(Chicago Mercantile Exchange)です。CMEグループは、CME、CBOT(シカゴ商品取引所)、NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)、COMEX(ニューヨーク商品取引所)の4つの主要取引所で構成されています。CMEグループは先物取引の発展に大きく貢献しています。

CoinPost:仮想通貨用語集

ウォール・ストリートジャーナルによると、米国CFTC(Commodity Futures Trading Commission)は価格操作が仮想通貨市場を歪めてる可能性を指摘しており、4つの仮想通貨取引所に取引データを提供することを要求しました。

取引データの提供を取引所に要求

2017年の12月にCMEグループがビットコインの先物取引を開始したことを受けて、規制当局は調査を開始しました。

ビットコイン先物の最終的な価格は4つの仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)、Kraken(クラーケン)、itBit(イットビット)、Bitstamp(ビットスタンプ)の価格に 基づいています。

これらのマーケットでの価格操作は政府の監視下にあるビットコイン先物の価格を歪め得ると指摘されています。

ウォール・ストリートジャーナルによると、価格操作の手段には様々なものがあります。

その一つが”spoofing”と呼ばれるもので、約定する意思がないのに見せ玉として注文し、もし望んでいた価格に動けばその時すぐに見せ玉の注文をキャンセルするという方法です。

ビットコインの先物を1月に開始したCMEは上記4つの取引所に初めて先物取引が開始された1月の取引データを提供するように要求しました。

いくつかの取引所はこれを拒否し、CMEの要求は侵害的なものだと主張しました。

CMEはこの要求の対象を1日の取引データから数時間の取引データにと要求の幅を狭くし、そこで初めて仮想通貨取引所は部分的なデータの提供に応じました。

なかなか進展しない状況に対し、ビットコイン先物の導入したCFTCは苛立ちをみせ、取引所にデータの提出命令を下しました。

しかし、ここで新たに問題視されたのが、なぜCMEはビットコイン先物の取引データを提供するという取り決めをこれらの仮想通貨取引所と結んでいなかったのかということです。

しっかりと取り決めが行われていれば、容易にデータを提供させることができました。

データというのは取引の時間、出合注文、未済注文、発注規模、取引者の特定などが含まれています。

CMEはロンドンに拠点を置く第三者企業を通じてビットコイン先物価格を計算しようと試みましたが、取引所は、自身の仮想通貨取引プラットフォームをもつ英国企業にデータを提供することを嫌がりました。

また、ウォール・ストリートジャーナルによると、CFTCは米国司法省と協力して、他の通貨の価格操作の調査を行なっているとのことです。

CFTCとCMEには取引の監視が求められる

今後、CMEとCFTCには、個人トレーダーが先物価格を歪めていないかを判断するために取引を監視することが求められます。

そして、取引所にはこれらの調査に協力することが要求されているとCMEの報道官Laurie Bischel氏は述べています。

Bitstamp(ビットスタンプ)とCoinbase(コインベース)は今回の調査に対してはコメントしていません。

Kraken、(クラーケン)のチーフ・エグゼクティブのJesse Powell氏は金曜日、CFTCの”新たに公表された監視”によって仮想通貨取引所にインデックスに参加する意味に疑問を抱かせることになるだろうと述べています。

また、同氏はビットコイン市場の価格操作に対する懸念は誇張されており、市場の価格操作する人にとっては少しの利益のために大きなリスクを背負わなければならないと指摘しています。

itBit(イットビット)のCEOであるCharles Cascarilla氏は、より厳格な監視が必要だと述べています。

韓国取引所Bithumb(ビッサム)、政府機関調査で脱税などの疑い晴れる

韓国取引所Bithumb(ビッサム)、政府機関調査で脱税などの疑い晴れる
政府機関による韓国取引所Bithumbへの調査が終了、違法行為の疑い晴れる
韓国国税庁、金融庁などの政府機関は脱税などの疑いで取引所Bithumbを1月10日から調査してきました。4月中旬に終了した国税庁の税務調査によると、Bithumbの違法行為は確認されませんでした。
国税庁はBithumbに約31億円の税金の支払いを命じる
Bithumbの違法行為は確認されなかったものの、韓国国税庁はBithumbに法人税や所得税など、300億ウォンの支払いを命じました。今年Bithumは昨年の171倍もの当期純利益を達成しており、地元では不正会計などが疑われていました。
Bithumbは取引所の健全性強化に積極的
今回の報道やマネロン対策などの過去の取り組みから、Bithumbは世界に先駆けて投資家保護と政府の規制に積極的に策を講じていることがわかります。
Bithumbとは
韓国最大の取引所で韓国の総取引高の60%以上を占める。グローバルに展開しており、日本語を含む多言語に対応している。セキュリティやマネロン対策など、取引所の健全化にも積極的に取り組んでいる。取扱通貨は35種類(6月10日時点)。

CoinPost:仮想通貨用語集

韓国国税庁らが1月10日から開始した税務調査において、取引所Bithumbの違法行為は確認されませんでした。

しかしながら、国税庁はBithumbに300億ウォン(約31億円)の税金支払いを命じています。

韓国政府機関による3ヶ月間の調査が終了、Bithumbの不正は確認されず

韓国地元メディアの6月8日の報道によると、大手取引所Bithumbへの税務調査で、同取引所の違法行為は確認されませんでした

韓国国税庁や金融庁などの政府機関による税務調査は1月10日から約3ヶ月間にわたり実施されました。

調査当局はBithumbの取引を全面監視するため、本社を家宅捜索し、コンピュータファイルなどを押収してきました。

この調査は4月中旬に終了しましたが、同取引所が脱税などの違法行為を行なっていた証拠は発見されませんでした。

Bithumbの不正は確認されなかったものの、国税庁は約31億円分の税金支払いを命じる

Bithumbの不正は確認されなかったものの、調査当局はBithumbに300億ウォン(約31億円)の税金を支払うように命じました。

国税庁は過去にもBithumbの税務調査を行なっており、Bithumbに追加徴税を命じてきました。

国税庁の報道官は調査に対するBithumbの対応に関して、次のように述べています。

2014年から2017年の間にBithumbへの調査を複数回実施してきましたが、BithumbはNTSが課した徴税額に不服を示すことなく、税金を全額納付し続けてきました。

最近公開されたBithumbの事業報告書によると、同取引所の2017年の売上高は3334億ウォン(約340億円)、当期純利益は4272億ウォン(約436億円)を達成しています。

これは2016年の売上高の77倍、当期純利益の171倍に当たります。

このように急速に収益が増加したことから同取引所は税務調査の対象となりました。

Bithumbは自主規制で取引所の健全化を図る

5月28日には、Bithumbはマネーロンダリング対策に非協力的な11カ国での仮想通貨取引を停止することを発表していました。

2018-05-29 11:30

Bithumbの代表者は、 同取引所の取り組みについて以下のように述べています。

Bithumbチームは、地域金融当局と協力して、投資家保護及び、仮想通貨市場により高い透明性をもたらすことを目的とし、率先して厳格な基準を設けました。

この積極的で自発的な取り組みにより、Bithumbが仮想通貨取引所の国際基準を高めていければと考えています。

今回の報道や過去の取り組みから、Bithumbは他の取引所に先駆けて、政府の規制や投資家保護に対して真剣に策を講じていることがわかります。

取引所トークンが堅いかも、てかFCOINトークン凄すぎ!

こんにちは!
 

LINEではお送りしたことなのですが、

昨日はここ数日話題なっているFCOINについてWEBサイトに記事や動画を公開しましたひらめき電球

FCOIN内にあるFTというトークンがこの2週間ほどで最高値50倍にまで跳ね上がりましたびっくり

最高地点から一旦落ちたものの再度上昇中ですアップ


バイナンスコイン(BNBが)1年未満で150倍になっている事が印象的ですが、

他取引所トークンも価値が上昇しているものが多いです。


この先仮想通貨市場が拡大してゆくと共に取引所の利用者は取引高は大きくなる事から

取引所通貨は堅く上げてくると判断出来るようになってきましたね爆  笑

詳しくは記事に記載していますのでご覧くださいグッド!

 

 

FCOIN(エフコイン)で扱うFTトークンが凄い!【使い方と購入方法】

口座開設方法等の動画も公開済みです

 

動画で話している通り、

紹介で登録すると手数料が無料になりますのでFCOINを利用する場合は以下よりご登録いただけると幸いですウインク

 

FCOIN仮想通貨取引所⇒https://www.fcoin.com/
上記URLより登録すると3か月間取引手数料無料になります
合格


実は取引所トークン系は私も少し前から注目していて、
他にもまだ目立たないもので気になるトークンがあります
ウシシ

 

また後日LINEで共有しますね照れ

 


それとこれもLINEでは既にお伝えしたことですが、

FREAKSTREAMのという来月から始まるICOが事前登録でエアドロップを開始しました!

 

特別面倒なこともなくリスクもなく1600円分のトークンが付与されますのでGETしておくことをおすすめします♪

 

手順を説明した記事と動画を公開していますので参考までグッド!
エアドロップ!FREAKSTREAM(フリークストリーム)の貰い方|登録方法


という事で本日は以上です。

LINEWEBサイトYouTubeチャンネル・ブログ・Twitter

 

各媒体で頻繁に新たな記事や情報を公開しておりますので、たまに覗いてみてくださいねDASH!
 

それではまた!

 

私の扱うメディアに関しては重要なことはを見逃さないためには

LINE@を追加しておいていただければと思いますウインクアップ

 

 LINE@で大事な情報は通知します!
検索する場合はLINEアプリを開き「その他」⇒「友達検索」から【@zub0304t】で検索!

 

 仮想通貨に取り組むならまずは取引所の無料口座開設を行いましょう!

 

 自分の資産は自分で守る!仮想通貨の保管方法について

 

 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。