ネム(NEM/XEM)が取引高世界一位のバイナンスに上場決定!

バイナンス(binance)のCEOがネム(NEM/)の上場についてインタビューで「ネムはリストに載っている」と発言しました。これによりネム上場の期待が高まっています。

バイナンスのCEOがネム上場についてコメントした動画がこちらです。

この動画の13分頃からネム上場について答えています。

「実は私たちはネム(NEM)を上場させる予定があります。コインチェックのハッキングによって一時この動きは止まっています。ネムは世界中で、特にアジアや日本で利用されているので、すぐにでも上場するつもりです。」と答えています。

現在ネムを取り扱っている国内の取引所はZAIF ザイフです。

コインチェックがネムの買える取引所としてはメインでしたがハッキング事件によって取引は停止しています。

GOOGLEアドセンス




バイナンス上場後のネム価格は?

大抵の場合、仮想通貨は大手取引所に上場することが決まったら段階的に価格が上昇し、上場直後に一気に下落して、価格が調整されます。

バイナンスは取引高が世界的にも上位なので、上場直後の値動きは相当大きなものになる見込みです。

そのため、短期的な売り抜けはリスクが高いのでオススメしません。

過去のバイナンス上場で上昇した仮想通貨

バイナンス上場によって過去に急騰した銘柄の動きを分析してみましょう。

Triggers(TRIG)

Triggers(TRIG)はスマートガンの安全性を高めるための利用が期待されている仮想通貨です。2017年の12月末にに上場しました。

その時のチャートがこちらです。

バイナンス上場の数日前から徐々に価格が上がり、上場直後に上がり下がりを繰り返し、その後大きく下がりました。

上場前からの大まかな変化としては、バイナンスに上場によって取引量が増えて、価格が底上げされました。

Stellar(XLM)

Stellar(XLM)はブロックチェーンを利用した銀行・決済システム・人をつなぐプラットフォームで、12月にバイナンスに上場しました。こちらその時のチャートです。

https://coinmarketcap.com/currencies/stellar/ より引用

上場に伴って大きく価格を上げ、その後半値ほど下がり、調整が入りました。

結果Triggersの場合と同じように底上げされる形になりました。

このふたつを踏まえたネムの価格考察

大きな傾向としてどちらも上場前後に上昇し、一定期間を過ぎると下落しています。

おそらくNEMの場合も同じような値動きをすると考えられますが、NEMは既に時価総額が10位台の取引量が多い仮想通貨なので、予想外の動きに注意してください。

まとめ

この記事ではネムのバイナンス上場に関する情報をもとに、改めてネムに関する情報をまとめてきました。

バイナンスから正式に上場のアナウンスが出たら、大きな値動きが予想されるので、これからも注目していきましょう。

バイナンスへのビットコインの送金は安心安全のビットフライヤーがオススメです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。