仮想通貨低迷の陰で急騰する仮想通貨「リップル」

12月に最高値を付けた後あれよあれよと3割値を下げた仮想通貨ビットコインに投資家が不安を募らせる中、仮想通貨の支持者たちが盛んにすすめるもう一つの通貨がある。

それがリップル社が開発した「(XRP)」です!

GOOGLEアドセンス




ビットコインを遥かに凌駕する送金処理速度

リップルの開発チームが目指しているのは、あらゆる通貨や仮想通貨建ての資金を

”ものの数秒”で別の通貨に交換すること。海外への送金も数秒で済む。

国際送金にリップルを利用することを三菱UFJ銀行が発表!バンクオブアメリカなども参加!

優秀な送金処理システムを持つリップルを、日本の大手銀行である三菱UFJ銀行が国際送金に使用すると2017年4月に発表しました。

また、これは日本の銀行のみではなくバンクオブアメリカなどの世界最大手金融機関も参画を表明しており、仮想通貨の中でも特に安心できる材料が多いです。

直近では、SBIがリップルの取引所開設を正式に表明していますし、やはり需要の高さを見込んだものなのでしょう。

時価総額は430億ドルで、世界第4位の仮想通貨であり

リップルの価格は12月22日に初めて1ドルの壁を突破して1.37ドルに達した。仮想通貨にとって1ドル超えは意義深いですね

12月初めのリップルの価格は0.24ドルだったので、470%上がったことになる。年初には0.006ドルだったので、上昇率は22,700%超となり

ビットコインやイーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュといったほかの仮想通貨の価格高騰につられたのは間違いない。デジタル通貨取引所の米コインベースに上場するのではないか、という憶測も価格上昇にひと役買った。

リップルを買える取引所は国内最大手の取引所
()が1番安全な理由

今やBitflyerを抜いて日本最大手の仮想通貨取引所となりそうなコインチェック、その要因が豊富な種類のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を取り扱ってることです。

最近このCMで有名ですよね(笑)

これまで、2段階認証が無いためにセキュリティー的に甘いから危険!と言われていましたが、即座に対応して現在はGoogle Authenticatorを利用した2段階認証が実装済みとなっています。

Facebookでのログイン認証に対応していて会員登録自体が非常に簡単ですし、コインチェックは運営体制もしっかりしているのでハガキによる本人確認までたった2日ほどで完結します。

仮想通貨始めるのに必要なものはメール、パスワードと本人確認ぐらいです。
今は使わなくても先に作れるだけ作っておいた方が後々スムーズかもしれませんね。
とくに現在仮想通貨はすごい勢いで上がってきているので、取り合えず以下の3つは口座だけ開設しておいて、いつでも入金できる状態にしておいた方がチャンスを逃さずに済むと思いますよ!口座は作るだけタダなので早めに作っておいて損はないです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ここの特徴は日本で一番取り扱っている通貨の種類が多いです
パソコンの取引画面や、アプリもとても使いやすいです。
チャットもスマホで見れるので臨場感だけでも味わえて
仮想通貨の熱を垣間見れるところも良いですね!


ザイフはあのホリエモンが顧問をしている会社で
他社と違いマニアックなコインを取り扱っていたり
取引手数料がマイナスだったりと遊び心のある
ラインナップ、企画が多いです!最近暴騰している
モナコイン、ペペキャッシュはZAIFだけしか買えません!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

テレビCMでお馴染みのビットフライヤーです
世界的にも大きく、日本最大の取引所です
取り扱うコインは少なめですが手堅く、サポートの充実
補償の内容などはとても安心感があります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。