COMSAのICOが早くも70億の資金調達に成功!

)って知ってますか?私は聞いたことはあってもよくわかりませんでした
仮想通貨に触れていれば一度は聞いたことがあるICOという言葉。

COMSAもそのICOの一つというのですが、株の世界で考えると分かりやすいです。

株の世界では会社が上場するために証券会社と通して投資家に株式を売り出すことを言います。
その際、株を買ってもらえるよう最初に設定する株の公募価格はあらかじめ安く設定しているので
市場に売り出されたときは値が上がりやすいというわけです。
この新規公開株の事をIPO(アイピーオー)Initial Public Offering の略といいます。

そして、今回のCOMSAのような案件の場合はICO(アイシーオー)Initial Coin Offering
簡単に言うと、新規公開株の仮想通貨版だということです。
具体的な内容としては、上場を未だしていない仮想通貨を市場に売り出すことで資金を集めることです。
大まかな仕組みは新規公開株と同じような所が多く、飛躍的に価値があがり高リターンを得ることができる
仮想通貨の場合は証券会社のように仲介してくれる会社がありませんので、基本は仮想通貨の開発元がそのまま売り出します。
そして、ICOの場合は基本、投資してくれるクリプト(仮想通貨)の量に対して、その分のトークンを発行する形です。

株の世界のIPOはご存知の通り、誰でもゲットできるわけではありません。
抽選に参加して当選するか、店頭で頑張っている人は沢山のお布施をして、やっとIPOを配分してもらえたりします。
しかし、ICOの場合は投資すればみんなそのトークンをゲットできます
そもそも当選という概念がないのです。

なぜこのICOが流行っているのかというと・・・・
日本におけるIPOの場合は当然ですが、日本円でしか買い付けができません。
“ドル”や”ユーロ”、”元”で投資できるなんて事はないですよね?
ただ、ICOの場合は世界中の人から投資をして欲しいので、
基本的にはビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で参加することになります。
一つの通貨だけでなく、いろんな通貨で購入できる場合も多いです。

そんなICOですが、日本ではまだひとつもありません!というのも日本でこのICOを行うには仮想通貨取り扱いの
認可を内閣総理大臣からもらわないといけないのです!大変!資金力はもちろん相当大きな企業でない限り
ICOをやることなんでできません。そこですでにZAIFという取引所をもち内閣総理大臣のお墨付きである
テックビューロ社が、そんな大変な思いをしなくてももう少し気軽にICOを行える機関を作ります!テックビューロ社
が代わりにICOの審査をしますっ!そう、ICOのためのICO・・・・それがCOMSAです。

このCOMSAがいよいよ10月から資金調達()を始めたのです!
現在かなりの数の人が殺到しているためサーバーが重いですが、近々改善される予定だそうです

COMSA本登録はコチラから可能です。
ただこのCOMSAを買うには仮想通貨が必要になるので、まずはZaifに登録し口座を作ることをお勧めします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。